日本の相続税はちょっと異常じゃないですか?

幼少期の歯科矯正

幼少期の歯科矯正

詳細はこのサイト⇒福山市 矯正歯科←←どうぞ。

 

生まれつきの「反対咬合(はんたいこうごう)」です。反対咬合とは、上の歯と下の歯のかみ合わせが逆となり、下の歯が上の歯に覆いかぶさるようになる状態のこと。歯が生え始めた頃、下の歯が上顎に突き刺さり流血して両親が大騒ぎしたそうです。
行ってよかった!福山 矯正歯科見てみよう!
現在30代ですが、物心ついたときから歯科矯正をしていました。月1度の診察、その日は学校をお休みして歯科医院に通うという我が家の一大行事でした。

 

毎晩寝る前に柔らかいヘルメットのようなものを頭から装着したこと、歯の上下につけた矯正器具に小さい輪ゴムを掛けたこと、針金だらけの歯になったこと、虫歯が増えたこと、とにかく「痛い、痛い」と泣き叫んでいたこと。振り返ると、こんな記憶ばかりが思い出されます。
私が参考にしたサイト⇒矯正歯科 福山でしょ!
2歳の頃に通い始め、「これで終わり!」と歯科医師から認定されたのは高校3年生。治療が終了したときには、反対に被さっていた上下の歯は見事に正常の位置に戻っていました。
ここで裏側矯正 福山ここしかない!
なぜこのような治療を両親が受けさせてくれたのか、大人になっていろいろと理解できました。痛い思い出も、なぜ自分だけ学校を休まなければいけないかと思ったことも、小さい頃から矯正させてくれた両親に感謝してもし尽せません。
詳しくは、見えない矯正 福山このサイトを参考に。

ホーム RSS購読 サイトマップ