日本の相続税はちょっと異常じゃないですか?

水子供養で命をきちんと送ってあげること。

水子供養で命をきちんと送ってあげること。

お腹の中で亡くなってしまった赤ちゃん。
しばらくはそれを受け入れられず、なにもできませんでした。
だけど、時間の経過とともにこう思うんです。
「ちゃんと、送ってあげなくっちゃ」と・・・。
もっと知るには愛知 水子供養←このサイトをご覧ください。

 

水子供養、どこでお願いしようか迷いましたが
一番近所で水子供養をお願いできる場所でお願いしました。
日付と名前を書いて申し込んで決められたお金を払います。
私が申し込んだ場所では、個人はやってなかったので
合同になっていました。
このサイトで愛知 永代供養詳しく見てみよう。

 

当日、言われた場所に行くと、
結構な数の人が「水子供養」に参加していました。
と言っても、あきらかに最近赤ちゃんを亡くしたののではなく
昔赤ちゃんを亡くした人が来ている、という感じでした。
参考にしたのはこのサイト→岐阜 水子供養です。

 

お経をあげてもらい、そこに来ていたひとはみな頭を垂れ
じっと思いにふけりました。

 

産んであげられなくてごめんね。
また今度は元気に生まれてきてね。
お任せください。愛知 納骨ならこちら。

 

そんな風に思いました。
水子供養は、一つの区切りだと思います。
時期は、遅くなってもいいから、
やはりきちんと行うべきで、自分の心の整理もつけるべきだと思います。
詳しくは愛知 墓地をご覧ください。

 

 

生まれてきた命も、生まれることのなかった命も
同じくらい大切なもの。
忘れないよ、って気持ちで、きちんと送ってあげるべきだと思います。

ホーム RSS購読 サイトマップ